その他の記事
最近の記事
2017年1月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • twitter
  • google

  1. HOME
  2. 法務

新渡来人計画!戦略的に移民を受け入れ、活力ある日本を創ろう! 100の行動80 法務3

初稿執筆日:2014年9月16日
第二稿執筆日:2016年7月3日

 映画「テルマエロマエ」では、阿部寛扮する古代ローマの浴場技工士ルシウスが現代日本にタイムスリップし、日本人のことを「平たい顔族」と呼んだ。この平たい顔は、もともとの日本人ではなく、弥生人の特徴だと言われる。

 弥生人は、よく知られるように、大陸系の移民であった。その後、大和朝廷の時代に入っても、日本では、「渡来人(帰化人)」を積極的に受け入れ、大陸の文化や技術を大いに吸収した。その規模は、弥生時代初期(紀元前300年)から飛鳥時代末期(紀元後700年)で100万~300万人程度だったとされる。8世紀当時の日本の人口が約500万人だから、すごい数字だ。


Sep 16 / 2014
カテゴリー
やるべきこと
法務
コメント
3 件のコメント
タグ

日本法曹界の量、質、そして制度面での拡充を! 100の行動79 法務2

初稿執筆日:2014年9月5日
第二稿執筆日:2016年6月20日

今回も数字から入ってみたい。

「アメリカ:日本=397:34」

 直近の数字だが、実に12倍の開きがある。

 日米の人口10万人あたりの法曹人口の格差だ。

 日本は欧米に比べて、弁護士の数、裁判官、検事を含めた法曹人口が少ないと言われてきた。このため、日本でも弁護士などの法曹人口を増やし、法曹の質を高めようと、ロースクールの導入などが行われたわけだが、ここで、もう1つの数字を見て欲しい。

「93%」

 日本にあるロースクールで、定員割れを起こしている学校の割合だ(2014年)。異常な数字だ。


Sep 05 / 2014
カテゴリー
やるべきこと
法務
コメント
コメント
タグ

「世界一安全な国を目指そう!」~警察のハイテク化、情報収集能力の向上、国際化を! 100の行動78 法務1

初稿執筆日:2014年8月8日
第二稿執筆日:2016年6月20日

「96%」

 なんの数字だかお分かりだろうか?

 日本における「殺人事件の検挙率」だ。

 日本では、殺人などの重大な罪を犯せば、ほとんどが警察に捕まるわけだ。ちなみに、諸外国での殺人事件検挙率は、アメリカで62%、中国で77%、イタリアで69%などであり、日本の検挙率の高さがわかる。


Aug 08 / 2014
カテゴリー
やるべきこと
法務
コメント
コメント
タグ