その他の記事
最近の記事
2017年1月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • twitter
  • google

  1. HOME

過度な規制を無くし、自己責任のルールを社会に浸透させよ! 100の行動83 内閣府2

初稿執筆日:2014年10月23日
第二稿執筆日:2016年7月8日

 「日本のマチュピチュ」と称される、天空の城、竹田城。CMでその景観の素晴らしさが取り上げられて以来、観光客が急増した。ところが昨年、雲海を見に来た男性が足を滑らせて約2メートル下に転落。腰の骨を折る重傷を負った。その後、「柵」論争が持ち上がり、結局観光客のために安全面が確保できていないという理由で、ロープで立ち入り規制区域が設けられた。確かに、事故の可能性は減ったかもしれないが、景観は損なわれてしまった。

Oct 23 / 2014
カテゴリー
やるべきこと
内閣府
コメント
1 件のコメント
タグ

「職」「町」「人」の面で新たな東北復興ビジョンを描け! 100の行動82 復興

初稿執筆日:2014年10月10日
第二稿執筆日:2016年7月8日

 あの忌々しい東日本大震災の発生から3年半余りが経過した。被災地では、今でも25万人以上もの方々が、仮設住宅などでの生活を余儀なくされている。1日も早い復興に向けて、引き続き政府・民間を挙げた取り組みが必要である。


Oct 10 / 2014
カテゴリー
やるべきこと
内閣府
コメント
コメント
タグ

市場の歪みを是正し、世界で戦える産業を創出する競争政策の実現を! 100の行動81 内閣府1

初稿執筆日:2014年9月29日
第二稿執筆日:2016年7月3日

 経済学の祖、アダム・スミスが「国富論」で、神の見えざる手と表現した「自由な市場」は、シュンペーターもイノベーションの源泉として重視している。市場における自由な競争は経済成長の源泉だ。


Sep 29 / 2014
カテゴリー
やるべきこと
内閣府
コメント
コメント
タグ

新渡来人計画!戦略的に移民を受け入れ、活力ある日本を創ろう! 100の行動80 法務3

初稿執筆日:2014年9月16日
第二稿執筆日:2016年7月3日

 映画「テルマエロマエ」では、阿部寛扮する古代ローマの浴場技工士ルシウスが現代日本にタイムスリップし、日本人のことを「平たい顔族」と呼んだ。この平たい顔は、もともとの日本人ではなく、弥生人の特徴だと言われる。

 弥生人は、よく知られるように、大陸系の移民であった。その後、大和朝廷の時代に入っても、日本では、「渡来人(帰化人)」を積極的に受け入れ、大陸の文化や技術を大いに吸収した。その規模は、弥生時代初期(紀元前300年)から飛鳥時代末期(紀元後700年)で100万~300万人程度だったとされる。8世紀当時の日本の人口が約500万人だから、すごい数字だ。


Sep 16 / 2014
カテゴリー
やるべきこと
法務
コメント
3 件のコメント
タグ

日本法曹界の量、質、そして制度面での拡充を! 100の行動79 法務2

初稿執筆日:2014年9月5日
第二稿執筆日:2016年6月20日

今回も数字から入ってみたい。

「アメリカ:日本=397:34」

 直近の数字だが、実に12倍の開きがある。

 日米の人口10万人あたりの法曹人口の格差だ。

 日本は欧米に比べて、弁護士の数、裁判官、検事を含めた法曹人口が少ないと言われてきた。このため、日本でも弁護士などの法曹人口を増やし、法曹の質を高めようと、ロースクールの導入などが行われたわけだが、ここで、もう1つの数字を見て欲しい。

「93%」

 日本にあるロースクールで、定員割れを起こしている学校の割合だ(2014年)。異常な数字だ。


Sep 05 / 2014
カテゴリー
やるべきこと
法務
コメント
コメント
タグ

「世界一安全な国を目指そう!」~警察のハイテク化、情報収集能力の向上、国際化を! 100の行動78 法務1

初稿執筆日:2014年8月8日
第二稿執筆日:2016年6月20日

「96%」

 なんの数字だかお分かりだろうか?

 日本における「殺人事件の検挙率」だ。

 日本では、殺人などの重大な罪を犯せば、ほとんどが警察に捕まるわけだ。ちなみに、諸外国での殺人事件検挙率は、アメリカで62%、中国で77%、イタリアで69%などであり、日本の検挙率の高さがわかる。


Aug 08 / 2014
カテゴリー
やるべきこと
法務
コメント
コメント
タグ

核のゴミを最大限再活用し、地球環境に優しいエネルギー政策を! 100の行動77 環境3

初稿執筆日:2014年8月1日
第二稿執筆日:2016年6月13日

 フィンランドのオルキルオトをご存知だろうか?世界で最初に高レベル放射性廃棄物の最終処分場の建設が決まり、現在、その建設が進んでいる土地だ。深さ420mの処分地点は、厚い岩盤に覆われ、20億年前からほとんど変化していないという。

Aug 01 / 2014
カテゴリー
やるべきこと
環境
コメント
1 件のコメント
タグ

地球を守れ!自然を人間から隔離し、人間が汚染した物は再利用を徹底せよ!100の行動76 環境2

初稿執筆日:2014年7月25日
第二稿執筆日:2016年6月13日

 「空気清浄機おばさん」という言葉をご存知だろうか。微小粒子状物質「PM2.5」などによる大気汚染が深刻化している中国・上海市で、自らの健康を守るためとして、マスクとつなげた、重さ15キロもあるという空気清浄機を背負いながら買い物をする女性のことだ。各メディアで取り上げられ、中国の環境問題の末期的な状況を物語っている。

Jul 25 / 2014
カテゴリー
やるべきこと
環境
コメント
1 件のコメント
タグ

再生可能、原子力、水素エネルギー、そして国連炭素税の導入で低炭素社会の実現を! 100の行動75 環境1

初稿執筆日:2014年7月18日
第二稿執筆日:2016年6月8日

「人類にとって最大の恐怖は何か?」

2006年の映画「不都合な真実」で元アメリカ副大統領アル・ゴアが世界に投げかけた問いだ。

「平均気温は上昇を続け、最高気温は塗り替えられ続ける!」

「温暖化は世界中で進行し、嵐は巨大化する一方だ!」

「北極の氷は急速に溶け出し、やがて海面は6メートル上昇する。フロリダもマンハッタンも水没、上海で4000万人、カルカッタで6000万人の犠牲者が出る!」

「不都合な真実」で投げかけられた環境問題に対して、一部科学的な信憑性を疑う向きもあるが、近年の日本での「ゲリラ豪雨」や「これまでにないほど大型の台風の続発」「40度を超える観測史上最高気温の相次ぐ更新」などは、不都合な真実の世界を彷彿とさせる現象だ。


Jul 18 / 2014
カテゴリー
やるべきこと
環境
コメント
コメント
タグ

NHK改革:NHK税を創設し、業務・ガバナンス改革を断行せよ! 100の行動74 総務8

初稿執筆日:2014年7月11日
第二稿執筆日:2016年6月8日 

 社会現象にもなったNHK連続テレビ小説『あまちゃん』は、関連商品であるオリジナル・サウンドトラックや、ドラマの中で天野春子役の小泉今日子が歌う『潮騒のメモリー』などでも売れ行きを伸ばした。

Jul 11 / 2014
カテゴリー
やるべきこと
総務
コメント
コメント
タグ

前の投稿 次の投稿